ハワイの嵐/ハワイとゴルフ

翻訳者の為の世相評論

@ハワイの嵐

地球温暖化などの影響で世界の気候がおかしくなって久しいが、先週末からの1週間でハワイらしい青空が覗いたのはたった1日である。兎に角、天気の悪い1週間であった。地元のアドバタイザー紙は以下のように伝えている。
Teresa Vast has lived 40 years in Hawaii, but like many islanders she never experienced a hailstorm. That was until early Friday morning when hail - some the size of baseballs - fell during a two-hour period in Windward Oahu.
これは3月10日の紙面である。驚いた事に常夏のハワイで、ひょうが降ったのである。それも記事によると大きなものでは野球のボール大であったそうだ。私はひょうにはあわなかったものの、突然の激しい雨に一日に2-3回遭遇した。ホノルルのあるオアフ島のみならず、マウイ島、カウアイ島でも嵐が吹きまくった1週間であった。
さらに同紙の記事をみてみると、
A tornado swept through parts of Kailua and Lanikai on Friday, capping a week of wild, rare weather that included record-size hail, damaging lightning strikes and torrential rain that closed roads and flooded homes.
竜巻あり、ひょうあり、雷あり、そして大雨である。この影響で道路が陥没して通行が不能になったり、床上浸水で住めなくなった家が多くでた。今回のハワイ滞在は私にとって今までに無い経験をしたという面では、印象に残った旅でした。

@ハワイとゴルフ

ハワイを訪れる日本人の何割の人がゴルフ目的であろうか。いつもハワイのゴルフ場に行くと日本人ツーリストが多いのに驚かされる。ソニーハワイアンオープンというPGA最初の試合が毎年ホノルルの名門、ワイアラエカントリークラブで繰り広げられる。今年は期待の石川遼が参加したが成績は良くなかった。その石川プロ、昨日終わったプエルトリコで開催されたPGA公式戦のプエルトリコオープンでは米ツアー自己最高の2位に入った。賞金は約3100万円。14アンダーで回り、ハワイオープンの時とは違ったプレーであった。さて、ハワイは色々な面で“XX天国”と言われるが、ゴルフ天国でもある。青い空、乾燥して心地よい風が吹く機構、コースによっては海が見えるホールもある。さらにカートでフェアウェイの中に乗り込めるコースも多い。オアフ島でも20以上、さらに他の島のコースも加えるとなんやかんや100近いコースがあるのではないか。私も既に20位のコースでプレイをしたが、やはりハワイのゴルフは天国である。料金も一人5000円位からまあまあのコースで手軽に楽しむことができる。是非ハワイに行く機会があれば、ゴルフを楽しんでください。

無料お見積り お問合せ

無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。