夢のジュークボックス-究極の音楽配信

翻訳者の為の世相評論

@夢のジュークボックス-究極の音楽配信

私はiPhoneのヘビーユーザーである。それも電話として使うより、メール機能と音楽再生機能においてである。昔はWalkmanのユーザーであった。音楽面でいうと、iPhoneアプリにあるSoundHoundというアプリには大変重宝している。このアプリ、自分が聞いている音楽を聴かせると10秒後位に、その曲のタイトル、歌手名、アルバム名などが表示される。さらにiTuneストアから購入したければすぐにクリックできるという仕掛けもある。私の様にFMを仕事しながら常時聞いている音楽ファンには無くてはならないアプリである。ただiTuneから1曲をダウンロードすると、150円から200円の費用がかかる。多い月には数千円も購入することもある。これがアップルのビジネスモデルになるが、それを破壊する様なビジネスが始まっている。スポッティファイ、と呼ばれるサービスで、1600万曲のライブラリーから好きな曲を何時でも聞く事が出来るサービスだ。日本では未だ始まっていないが、近々上陸との噂がある。スポッティファイは2008年にスウェーデン出身のダニエル・エク氏が創業した音楽配信会社。クラウドを通じ、利用者が望む曲をパソコンやスマホに配信するオンデマンド型のサービスが売り物だ。曲間に入る広告や有料会員から得る月決め料金の収入で運営。楽曲のネット販売とクラウドへの保存サービスを主体とするアップルのビジネスモデルとは異なる。現在、本拠を置く英国やドイツ、フランスなど欧州12カ国と米国の計13カ国でサービスを展開している。サービス中の13カ国では、同社のサイトで登録しパソコンにアプリをインストールすれば、半年間は制限なく曲のストリーミング配信を受けられる。広告の排除や良い音質を望む人には「アンリミテッド」(米国料金は月4.99ドル)と、対象国外やスマホでも聴ける「プレミアム」(同9.99ドル)の有料コースが用意されている。つまり月に10ドル(800円)払うと、好きな曲を何時でもどこでも聞けるわけだ。又プレミアムでは自分のPCやスマホにダウンロードする事が可能であり(スポッティファイ様の専用アプリをインストールする必要があるが)、電話回線やWiFi環境が無いところでも問題ない。今このサービスが大爆発する前兆がある。ますますCDを借りたり、購入する事はなくなっていく。iTuneのビジネスモデルも大きく影響を受ける事になり、又新たな時代が訪れようとしている。

無料お見積り お問合せ

無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。