ジョークとビジネス

ビジネス・生活、世界の国々から

ジョークがビジネス現場でどのように役立っているのでしょうか。私がアメリカでビジネスをしていたのは90年代です。取引先の会社の幹部にとにかく、ジョークが3度の飯より好きな男がいました。彼の名前はジョンでした。この会社へ行くと、最初の10-15分は挨拶代わりにとにかくジョーク合戦。駄洒落あり、下ネタあり、セクハラ系話題もなんのその。兎に角、ジョンはジョークからミーティングを始めないと機嫌が悪いのです。

そして、微妙なタイミングで、ビジネスの話題に入っていきます。何分かビジネスの話が続くのですが....... 突然ジョンは、ジョークを発します。中にはジョークかビジネスネゴの一部か境界のはっきりしない時もあり、こちらはいつも見極め作業を頭の中でしていました。ジョンから学んだのですが、アメリカビジネスマンのジョークは、挨拶をする時、ビジネスネゴで行き詰った時、話し合い中に相手の真意を試す時などに使われます。

個人差はありますが、ジョークにはジョークで返す、位の余裕と教養がある事が理想です。私も心得として、2つジョークを言われたら、出来る限り1つ返す事を心がけていました。ジョークが言えるようになる事も訓練ですので、先週号でお話したように、何時もネタを探している必要があり、なかなか大変です。でもこれもビジネスツールを習得する事、と考えれば、勉強の1つです。

ただ、本当に真剣に契約書等を煮詰める時などは、ジョンでも殆どジョークは出ませんでしたので、ジョークが出ている内は、最後の真剣勝負になっていない、とも言えるでしょう。アメリカビジネスマンの間では、他の国のビジネスマン達に比べ、ジョークが日常使われているのです。

無料お見積り お問合せ

無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。