契約書フレーズ集7

英語表現

日本語対応用語と意味

解説

in possession

保有する

契約書において自分、あるいは相手方が持っている情報などを指す場合に使われます。保有する自社株、保有する特許、などです。

【例文】

Licensee agreed to Licensor to return any copy of software in its possession.

翻訳:ライセンシーは所有しているあらゆるソフトウェアのコピーをライセンサーへ戻すことに同意した。

He needs to share with his wife all assets in his possession.

翻訳:彼は所有しているすべての資産を配偶者と共有する必要がある。

All the students understand to give back school properties in their possession.

翻訳:全生徒は彼らが所有する学校の器具を返却することを理解する。

provision

規定

契約書では、お互いの取り決めを多く行います。これらの取り決めのことです。

【例文】

An employee makes provision for their retirement.

翻訳:従業員は退職に備える。

He took the post with the provision that he could work in Tokyo.

翻訳:東京勤務ができるという条件で、彼はその仕事についた。

The financial department asks the banks for provision for short term debts.

翻訳:財務部は短期借入金の条件を銀行に尋ねる。

the foregoing provisions

前項の規定

英語では同じ単語・用語による繰り返しを避けて文章を作成するという慣習があります。直前に出てきた規定内容を参照する際にはその規定内容を同じ文章で繰り返すのでなく、前項という形容詞を使うことで、この様に表現します。

【例文】

The foregoing provisions of this agreement defines details of actual sales condition.

翻訳:前項の規定は現場販売条件の詳細を規定する。

All staffs should understand the conditions of the foregoing provisions.

翻訳:すべての従業員は前項の規定の条件を理解すべきである。

The foregoing provisions written in this contract are applied to all with no exception.

翻訳:この契約書に書かれている前項の規定は例外なしに全員へ適用される。

Force Majeure

不可抗力

定番表現です。ラテン語から取り入れられた表現で、天変地異、通常の想定範囲を超える外部要因の意味で、具体的には地震、津波、地崩れなどの天災のことを言います。

【例文】

An insurance company is not liable to compensation for losses due to force majeure.

翻訳:保険会社は不可抗力による損害に対しては賠償の責任はない。

Any contract specifies that Force Majeure is not liable.

翻訳:どの契約でも不可抗力は責任外とされる。

Force Majeure is one of key provision of the contract.

翻訳:不可抗力条項は契約書の主要条項の1つである。

beyond the control

不可抗力

Forece Majeureと同じ意味で使われます。

【例文】

Seller shall not be liable for failure due to any cause bejond the control.

翻訳:売り手はコントロールできない要因による失策については責任を問われない。

The delay of the flight was beyond the control.

翻訳:フライトの遅れは管理できない理由によるものであった。

If it happened beyond the control, you must come back immediately.

翻訳:管理不可能な事が起きた場合、すぐに引き返すこと。

including but not limited to

〜を含むが、それのみに限定されない

Forece Majeureは天災などの超常現象的な力による場合を表しますが、この表現では、契約書内に文章で具体例を挙げて規定をするものの、その文章に書かれた例の範囲にとどまらず、それらを含めた大きな範囲を示したい時に使われます。

【例文】

Distributor provides normal marketing supports to retailers, that include but not be limited to following provisions.

翻訳:卸業者は小売業者に対し通常のマーケティングサポートを行うが、それらは以下の条項を含むがそれらのみに限定されない。

execute in English and Japanese

英語と日本語にて締結される

契約書用の翻訳ではexecuteもよく使われる単語です。一般文で使われると、実行する、を意味することが多いですが、契約書ではこの例の様に締結されるという意味になります。

【例文】

The agreement was executed in English and Japanese.

翻訳:同意書は英語と日本語にて締結された。

Executing in English and Japanese is common in global business.

翻訳:英語と日本語で締結することは国際ビジネスにおいて普通である。

After long negotiation, the contract finally was executed in English and Japanese.

翻訳:長期にわたる交渉の結果、契約がついに英語と日本語で交わされた。

executed by the President

社長により署名された

契約文の最後に署名欄があることが普通の契約書様式ですが、その部分で誰がその契約書の署名者(承認者)かを明確にする場合に使われることがあります。このフレーズの後に、社長の名前、会社名、住所などを明記します。

【例文】

The vital decision was executed by the President.

翻訳:大統領によって重要な決定が実行された。

The mutual contract was executed by the President.

翻訳:社長によって相互契約が締結された。

execute in duplicate

複製にて締結される

契約書にはオリジナルと複製があるのが通常です。事情によりオリジナル契約書が締結時にない場合(国際取引ではオリジナルが相手方に届いていないが、締結を急ぐ時)、複製(完全コピー版)された契約書にオリジナル署名をすることがあるので、その際、その署名が有効であることを明確にするために使われる表現です。

【例文】

The parties hereto have caused this ageeement to be exectued in duplicate by their autorized representatives.

翻訳:本契約当事者は両当事者の正当な権限を有する代表者により本契約2通を締結した。

exclusivity

独占権

契約書にて権利を与える、あるいは与えられる場合、その権利が自分に独占権があるかどうかは非常に重要になります。それにより競走条件が変わるからです。その独占権を明記する時に必ず使われる用語です。

【例文】

A company would take a strong position in business with exclusivity.

翻訳:会社は独占により強固な地位をビジネスで獲得できるでしょう。

Any maker can utilize the patent without exclusivity.

翻訳:どの製造メーカーもその特許を独占券なしに使用できる。

A Patentee is protected by exclusivity.

翻訳:特許保有会社は独占権によって守られる。

non-exclusivity

非独占権

こちらは非独占権という意味で、権利を与える方が相手方に対して独占権を与えたくない場合、この表現を必ず使います。販売権、特許使用権など、独占権は契約締結時にとても重要な概念です。

【例文】

The agreement was signed with non-exclusivity base.

翻訳:契約は非独占条件にて署名された。

The company urges the manufacturing process must be treated by non-exclusivity rule.

翻訳:会社は製造過程は非独占ルールに基づいて扱われると主張している。

Non-exclusivity is decided by the court judge due to publicness.

翻訳:裁判所はその公共性のために非独占を判断する。

transferable

譲渡可能

ライセンス貸与の契約では必ず使われる表現です。そのライセンスに譲渡権があるかどうかを規定します。

【例文】

The right is not transferable to any circumstance.

翻訳:その権利はいかなる状況下でも譲渡できない。

Several know-how are not transferable because of the contract.

翻訳:契約によりいくつかのノウハウは譲渡できない。

The license is not transferable by any Party without the written consent of the other Party.

翻訳:ライセンスは一方の当事者の書面による同意無しには、片方の当事者による譲渡はできない。

non-transferable

譲渡不可能

こちらは上記と逆に譲渡権を認めない場合に使われます。

【例文】

Any right is non -transferable.

翻訳:いかなる権利も非常とである。

An airticket with limited conditions is non -transferable.

翻訳:条件付き航空券は非譲渡である。

Non -transferable is common idea in the contract.

翻訳:非常とは契約において通常の考え方である。

accuring

(権利・義務)として生じる

この単語の後に日付を書くことで、その日付より生じる権利(あるいは義務)などの時間的規定をします。

【例文】

Tenant agrees to pay all rent accruing from and after the effective date of the contract.

翻訳:賃貸し人は本契約の有効日以降に生じるすべての賃料を支払うことに合意する。

waiver

権利放棄

とてもよく使われる表現です。契約不履行があった場合、与えられる権利の放棄を認める、などの様な場合に使います。

【例文】

Visa waiver program is going on between Japan and US.

翻訳:日本とアメリカの間では、ビザ免除措置が取られている。

A company needs to put waiver of Sovereign immunity in the contract to the Government.

翻訳:会社が政府との契約において、国家主権免除放棄事項を入れる事が必要である。

A waiver of some articles in the agreement is considered by both Parties.

翻訳:両当事者により契約内のいくつかの条項の権利放棄が考慮される。

renouce

放棄する

この表現はwaiverより硬い表現で、権利放棄をする場合に用いられます。

【例文】

Company A renounces the damage cover from the customer B.

翻訳:会社Aは顧客Bからの損害補償を公式に放棄する。

Japan has renounced war.

翻訳:日本は戦争を放棄している。

The management orders the employee to renounce from an occupational position.

翻訳:経営者はその従業員に会社役職から身を引く様に命令する。

dispute

言い争う

契約において、問題が発生した場合、言い争いになります。その様な状態を表す単語です。

【例文】

They disputed in the team about the subject for hours.

翻訳:彼らはその問題について何時間も議論した。

We disputed the victory until the very end of the game.

翻訳:私達は試合終了まで勝利の為に、戦った。

UN has no power to dispute between countries.

翻訳:国連には国家間の紛争を収める力がない。

validity of right

権利の有効性

契約において与えられる権利がどこまで、いつまで有効であるのかを明確にする必要があり、その場合に使われます。

【例文】

Both parties need to respect the validity of right in the contract.

翻訳:両当事者は契約に書かれている権利の期限を尊重すべきである。

Licensee shall not dispute validity of right relating to the Patent.

翻訳:ライセンシーは特許に関する権利の有効性について争わない。

The validity of right is clearly written and explained in the article 7.

翻訳:権利の有効性については条項第7条に明確に書かれ、説明されている。

assignment

譲渡

一般的に使う時には、役割とか宿題を意味しますが、契約書翻訳では財産・権利の譲渡を表します。

【例文】

Any worker must achieve their assignment at their best effort.

翻訳:あらゆる従業員は与えられた役割を最大努力で達成すべきである。

A student has lots of assignments from school this summer.

翻訳:学生は夏の間に学校の宿題を多く与えられる。

His assignment was to inquire into the cause of the accident.

翻訳:彼の任務はその事故の原因を究明する事であった。

at its choice

その選択により

契約書の契約期間は通常1年が多いですが、1年経過した時、どちらか一方が契約解除を申し立てない限り自動継続する契約書があります。その場合、この表現を用いることで、お互いの選択により自動継続にする、の様に使います。

【例文】

Supplier shall be entitled at its choice, to terminate the agreement.

翻訳:サプライヤーはその選択により契約を解約する権利を有する。

A team at its choice selected additional members to next match.

翻訳:チームは次の試合に、その最良で追加メンバーを選別した。

at its option

その選択により

at its choiceと同じ意味を違う単語で表現します。繰り返しを避けるためです。

【例文】

An excellent player may choose any better condition at its option.

翻訳:優れた選手は選択でより良い条件を選ぶ事が許される。

A buyer would be able to pick two attachments at its option.

翻訳:顧客は選択で2つの付属品を選ぶ事ができる。

At its option, she has taken many belongings to her life.

翻訳:彼女は選択でたくさんの物を生活に取り入れた。

無料お見積り お問合せ

Free Estimate
無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

Contact us
お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。