契約書フレーズ集4

英語表現

日本語対応用語と意味

解説

reasonable grounds

合理的な根拠(による)

契約書においては色々なことを規定しますが、それらの規定は合理的であることが説得力を持ち、相手にも受け入れ易いものです。その様な時に役立つ表現です。

【例文】

The team needs to explain the result with reasonable grounds.

翻訳:チームは根拠でもって結果を説明する必要がある。

Businessman needs to show to be reasonable or provide adequate ground for the plan.

翻訳:ビジネスマンはその計画について十分な根拠あるいは論理性を示す必要がある。

Is there any reasonable grounds for the exclusion?

翻訳:例外扱いにするための合理的理由があるか?

by virtue of

〜を理由として

契約書特有な表現になります。契約者の一方が販売代理店の場合、そのプロモーション努力によりそのビジネスが成功するのであれば、このフレーズを使います。

【例文】

The proper business can be managed by virtue of the complete contract.

翻訳:正常なビジネスは完璧な契約によって行うことができる。

He sucrified a lot by virtue of company`s position.

翻訳:彼は会社での地位のために多くを犠牲にした。

A marketing team persuaded managements by virtue of a good analysis.

翻訳:マーケティングチームは良い分析により経営層を説き伏せた。

employment termination for cause

正当な理由による雇用契約解除

雇用契約書で使われる表現です。会社側にとって従業員が不正行為、禁止行為などを犯した場合、解雇対象になり、その規定を契約書で記述する際に使われます。

【例文】

The company management decided to deploy an employment termination for cause.

翻訳:会社経営者は正当な理由による雇用契約解除の実行を決定した。

An employment termination for cause needs to be discussed with fair treatment.

翻訳:正当な理由による雇用契約解除は公平な扱いのもと協議されなければならない。

for any reason

どの様な理由があっても(絶対にしてはならない)

契約書のみならず、一般文でも多く使われています。

【例文】

A company should never lie to customers for any reason.

翻訳:会社は顧客に対していかなる理由があっても嘘をついてはならない。

For any reason, she penetrated her original will.

翻訳:あらゆる事があっても、彼女は最初の意志を貫いた。

Pay the interest due for any reason whatsoever.

翻訳:どんな理由であろうと未払い利息を払いなさい。

at any time for any reason

いつでも、どの様な理由であっても

契約書では色々な規定をお互いに課すわけですが、必ず契約解除についての記述があります。よくあるのは、どちらかが書面において意思表示をしない限り自動延長される、という項目です。それに対し、お互いの自由判断で自由に解除したい場合は、この表現を取り入れます。

【例文】

Both parties may terminate the contract at any time for any reason.

翻訳:両当事者はいつでも、どの様な理由があっても契約を解除して良い。

in a professional manner

専門的に

mannerを使った表現です。Professionalyでも意味は同じですが、契約書ではこの表現が好まれている様です。

【例文】

Doctor explains the sympton to the patient in a professional manner

翻訳:医者は患者に対して専門的に症状を説明する。

Managements treat all employees in a professional manner.

翻訳:経営層は全ての従業員をプロとして扱う。

In a professional manner, Scientists research the project.

翻訳:科学者たちは専門的にその計画を研究する。

in a timely manner

適時に

同じくmannerを使った用語で、いつと規定するのでなくその場の判断で良いと思われた時に、という意味になります。

【例文】

An effective promotion needs to be deployed in a timely manner.

翻訳:効果的なプロモーションは適時に実行される必要がある。

The information is provided to the operator in a timely manner.

翻訳:情報が適時に運転者に対し与えられる。

You must perform all assignments in a timely manner.

翻訳:割り当てられた仕事は速やかにやらなければならない。

master agreement

主契約、本契約、基本契約

契約が大きな提携の時は、まず基本契約を結んで両者が基本合意と核となる項目のみ契約し、個別ビジネスについてはその子契約や個別契約を結ぶことが普通です。その場合、基本になる契約のことを指します。

【例文】

In master agreement, basic sturcture of cooperation is included.

翻訳:本契約の中に、協業の基本構造が含まれる。

Detail clauses are determined in individual contracts, not in master agreement.

翻訳:細則は基本契約書でなく、個別契約で決められる。

Master agreement is signed by top managements of both organizations.

翻訳:基本契約が両社の最高責任者により署名される。

indivisual contract/agreement

個別契約

基本契約を結んだ後、適宜必要に応じてその事業・ビジネスに特化した条件を契約する場合に結ばれます。

【例文】

Several individual contracts are signed after Master contract is agreed.

翻訳:複数の個別契約が、基本契約が合意された後で、署名される。

Many employees are involved to discuss individual agreements.

翻訳:多くの従業員が個別契約の討議に参加する。

When individual contract contradicts to Master contarct, Master contract always has priority.

翻訳:個別契約が基本契約と相反する時、通常は基本契約が優先する。

letter of intent

覚書

契約レベルに至らない場合、話した内容や口頭で同意した件について文面に書いたものです。この内容が後日結ばれる正式契約の元になることがあるので、覚書とはいえ、その内容は自分の不利になる内容にはしたくないものです。

【例文】

The letter of intent to order is as follows.

翻訳:発注内示は以下の様です。

The President confirmed the letter of intent to the project.

翻訳:社長はプロジェクトに対する内示書を確認した。

The letter of intent was sent from the buyer to the seller.

翻訳:発注内示書が買い手から売り手へ送られた。

memorandum

覚書

letter of intentと同じに使われます。

【例文】

You will make the memorandum of this meeting.

翻訳:君がこの会議の覚書をまとめるように。

To write a memerandum is important in negotiation.

翻訳:覚書をまとめることは交渉において重要である。

Before the next meeting, the team reviews past memorandum seriously.

翻訳:次の会議の前に、チームは過去の覚書を注意深くレビューする。

contract

契約、契約書

一般的に広く契約、契約書を表現する時に使われる単語です。

【例文】

A contract is a base of business activity.

翻訳:契約はビジネス活動の基礎である。

Two companies are discussing deeply regarding agent contract.

翻訳:両者が代理店契約について詳細を討議している。

The contract has to be respected by signers.

翻訳:契約書は署名者により尊重されなければならない。

agreement

契約、契約書、同意書

agreeという同時は一般的にはには同意する、という日本語訳になりますが、契約書で名詞として使用されると契約書というコントラクトと同じ意味で使われることが多いです。

【例文】

Labor agreement proposed by the management is not accepted by lobor union.

翻訳:経営者により提起された労働契約は組合によって受け入れられない。

UN international agreement does not work due to countries ego.

翻訳:国連国際合意は各国のエゴによりうまく機能しない。

An agreement regarding shipping expenses has not been agreed between two parties.

翻訳:運賃に関する合意が両社の間で同意されていない。

definition

定義

一般用語で契約書に使われる時には、契約書の出だしのところで、その契約書内にて使用される用語の定義を行います。

【例文】

By definition, all points are explained in the mannual.

翻訳:定義上は、全てのポイントはマニュアルに説明されている。

The definition is contradictory.

翻訳:その定義は矛盾しています。

What is the definition of a hypertensive state?

翻訳:高血圧状態の定義はなんですか。

confidentiality

秘密、機密

契約書内容の第三者への開示禁止など、契約をすることで両者が開示し合う秘密情報に関しての規定をする時に使用される用語です。通常は秘密情報とはどの様な情報であるかの定義(definition)を行い、誰に対して開示してはならないかを記述します。また裁判所、政府機関より正当な理由にて開示請求があった場合には、この条項があったとしても開示を行う旨、書き入れます。

【例文】

In recent business, Confidentiality agreement is common to define.

翻訳:現代ビジネスでは、守秘義務契約を定義することは当たり前である。

We use reasonable measures to maintain the confidentiality.

翻訳:機密性を保持するのに妥当な手段を用いている。

To keep confidentiality of deal contents is business ethics.

翻訳:ビジネスの取引内容の機密を守ることはビジネスを行う上の倫理である。

force majeure

不可抗力

フランス語が語源の用語で、契約書ではお馴染みの用語です。契約当事者の努力範囲を超える事情で契約内容が守れない場合に、その責任を追わないことを意味します。不可抗力とは一般的には、戦争、天災(地震、津波、予期できない天候異変)、自分の力では防げない事故などをさします。

【例文】

An insurance company is not liable to compensate the losses due to force majeure.

翻訳:保険会社は不可抗力による損害に対しては賠償責任がない。

An idea of force majeure is common concept internationally.

翻訳:不可抗力という考え方は国際的に共通する概念である。

It is necessary to check what damages are included in force majeure.

翻訳:どの損害が不可抗力とされるか確認する事が必要だ。

term

(契約)期間

一般用語です。単語には用語、術語という意味もありますが、契約で使用される場合は契約期間を意味します。

【例文】

What is the term of the contract?

翻訳:契約期間はどの様になっていますか。

The autumn term starts from September.

翻訳:秋学期は9月から始まる。

A payment term is very strict.

翻訳:支払い期間がとても厳しい。

termination

(契約)終了、解除

これも一般用語で、終わる、という意味ですが、契約書ではその契約が終了する事象を意味し、termination clauseとしてその契約がどの時点を持って効力を失うのかを日付を具体的に示します。契約での縛り条項がその時点で全て無くなりますので、とても重要な項目で、契約書には必ず明記します。

【例文】

The termination clasue is under discussion.

翻訳:契約終了条件が議論される。

Terms and Conditions of the purchase are shown in separate paper.

翻訳:購入条件の詳細が別紙に書かれている。

A contract termination is decided by the President.

翻訳:契約終了が社長によって決定される。

notice

通知

契約書の相手に特別に通知することがある場合に記する項目です。

【例文】

The special notice is announced today.

翻訳:特別通知が本日発表される。

Several notices are added in Appendix.

翻訳:いくつかの特別通知が補遺に追記される。

The letter gave notice that my contract had been terminated.

翻訳:通知は契約が既に切れていることを告げていた。

無料お見積り お問合せ

Free Estimate
無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

Contact us
お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。