契約書フレーズ集3

英語表現

日本語対応用語と意味

解説

compatibility

互換性

コンピュータ関連の契約書で頻繁に出てきます。異なるハードウェアでも同じソフトウェアが動作する場合、互換性があると言います。互換性がないと、多くのハードウェアで使用ができなくなる恐れがあるので、契約書においてソフトウェア販売代理販売権などを得る場合、互換性があるかに関する取り決めは明確にしておかねばなりません。

【例文】

Two different Operational Systems do not have compatibility.

翻訳:2つの違ったOSは互換性がない。

Before implementation, Compatibility assessment has to be done.

翻訳:実行の前に、互換性評価がなされなければならない。

The compatibility is a key word to cover broader market.

翻訳:より広いマーケットをカバーするには、互換性が大事である。

Antisocial group (clause)

反社会的組織 (条項)

契約書には必ず入ってくる条項です。国内のみならず、国際的にも反社会組織とのつながりのある相手との契約はできません。そこで自社と相手がその様な組織でないことを宣言する条項になります。

【例文】

We declare that we are not related to antisocial group.

翻訳:私達は反社会的組織に関係していません。

A police chases an antisocial group with big effort.

翻訳:警察は多大な努力で反社会的組織を追及している。

Antisocial group should not be permitted in the business.

翻訳:反社会的組織は商売において認められるべきではない。

damages/damage

損害賠償額・損害

ダメージは日本語でも普通使われますが、契約書で使用されると単数と複数で意味が少し違ってきます。単数では単に損害という意味になり、複数になると賠償額と金額を含んだ意味になります。保険関連の契約書ではさらに、 Ordinary damage(通常損害)、Incidental damage(付随損害)、Direct damage(直接損害)の様な使い方をします。

【例文】

Direct damage is covered by the insurance.

翻訳:直接損害は保険にてカバーされる。

Damages are huge in case of earthquake last year.

翻訳:昨年の地震による被害額は莫大な金額になる。

Damage should be controlled by scientific method.

翻訳:被害は科学的方法によって管理すべきである。

warranty / indemnification

保証と補償

日本語では両方になりますが、英語での意味合いは違ってきます。Warrantyは製品などに不具合が発生した時にメーカーや販売店が行う保証を意味し、indemnificationは権利などが妨害、侵害された場合に対する補償を意味します。

【例文】

The Government covers an indemnification against atomic energy risk.

翻訳:政府は原子力災害補償を請け負う。

Designers are entitled by the intellectual property indemnification.

翻訳:デザイナーは知的財産の補償を受ける権利がある。

A product has basic warranty of the manufacturer.

翻訳:商品は製造者による基本保証が付いている。

loss of profit

免失利益

本来得れるべき利益が何らかの理由により得られない時の表現です。

【例文】

A company faces a huge loss of profits due to down economy.

翻訳:経済状況悪化により、会社は多額の損益に直面する。

A loss of profit is brought by stagflation.

翻訳:スタッグフレーションにより損益がもたらされる。

The accountant makes a cast of profits and losses.

翻訳:経理担当者は損益を計算する。

punitive damages

懲罰的損害賠償金

法律でよく使われる用語で、ペナルティとして課せられる賠償金を意味します。契約書でもよく出てくる用語なので以下にいつくかの例を挙げておきます。

【例文】

Many companies try to limit punitive damage.

翻訳:多くの企業は懲罰的損害賠償金を抑える努力をする。

punitive action

処罰行為

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

A punitive action is taken by the management.

翻訳:処罰行為が管理者によって取られる。

punitive assault

報復攻撃

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

An enemy implements a punitive assault.

翻訳:敵は報復攻撃を仕掛ける。

punitive clause

懲罰規定

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

In the agreement, several punitive clauses are determined.

翻訳:契約書において、いくつかの懲罰規定が定められる。

punitive discharge

懲罰解雇

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

Some employees left a company due to punitive discharge.

翻訳:何人かの従業員は懲罰規定により会社を解雇された。

punitive duties

制裁関税

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

US Government decided to start punitive duties to China imports.

翻訳:米国政府は中国製品に対して制裁関税を始める。

punitive justice

因果応酬

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

His failure is caused by a punitive justice.

翻訳:彼の失敗は因果応酬である。

punitive manner

懲罰方法

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

A punitive manner is discusses by the committee.

翻訳:懲罰方法が委員会で討議される。

punitive tariff

報復関税

punitive ファミリーの用語です。

【例文】

Any country should not set a punitive tariff to promote global economy.

翻訳:世界経済発展のために、いかなる国も報復関税を課すべきでない。

remedy at law

法的救済処置

保険契約などではよく見かける表現になります。契約書に関連法律全文を掲載することはありませんが、たとえ契約書に書かれていなくてもその国の法律にて規定されている事象であれば、法律に従って損害に対する賠償が行われます。

【例文】

A victim pursue a remedy at law with the help of lawyer.

翻訳:被害者は弁護士の助けを借りて、法的救済を求める。

In case of breach of the contract, a party may claim a remedy at law.

翻訳:契約違反の際には、当事者は法的救済処置を要求できる。

A remedy at law may change in county by country.

翻訳:法的救済内容は国ごとに異なることがある。

remedy clause

救済条項

特定損害に対してどの様な救済処置が取られるのかを契約書の中で明確にする場合、使われます。

【例文】

Effective remedy clauses are necessary, considering the failure.

翻訳:失敗を考え、有効な前後策が必要とされる。

In contract, good remedy clauses should be specified clearly.

翻訳:契約において、良い前後策が明確に定義されるべき。

Restricton on Remedy clause over against shareholders.

翻訳:株主に対する求償権規定の制限。

breach

不履行、違反、破棄

幅広く使える用語です。契約不履行、契約破棄、契約違反、などを表す時いずれもbreachを使います。

【例文】

Any politician should not use a breach of privilege.

翻訳:如何なる政治家も特権乱用をしてはならない。

Upon breach of contract, severe penalty clauses will be implemented.

翻訳:契約不履行の際には、厳しい罰則規定が実行される。

We have opened a breach in the European market.

翻訳:欧州市場への突破口を開いた。

covenant

契約書条項

他にも捺印証書や協定という意味も持ちます。

【例文】

They covenanted to sell only to certain countries.

翻訳:彼らは特定の国だけに販売する契約を結んだ。

I conenant a donation of $1000 to a church.

翻訳:私は教会へ1000ドルの寄付をする契約をする。

UN works for international covenant for economic and cultural rights.

翻訳:国連は経済と文化権利に関する国際規約を討議する。

goodwill

営業権、のれん、善意

契約書で使われる時には営業権という意味合いが多いですが、多くの契約書の最後の方で、将来において両者間に争いが生じた際には、goodwillを持って(善意でもって)その解決に努力する、という条項が描かれることもあります。

【例文】

Keeping global peace, people need to have a spirit of international goodwill.

翻訳:国際平和を保つために、人々は国際間親善の精神が必要だ。

With exchange program, many goodwill ambassadors are grown.

翻訳:交換プログラムによって、たくさんの親善大使が育成される。

The old management sold the goodwill of a shop.

翻訳:古い経営者は店ののれんを売却した。

injunctive order

差し止め命令

injunctiveは命令的なという意味ですが、契約書関連用語として使用する場合、差し止め、という日本語になります。背景には法律による差し止め、を意味しており契約相手が契約を履行しない場合、裁判所や政府による差し止め要求をすることになります。

【例文】

An action for an injunctive order may be filed.

翻訳:差し止めへの訴えが提起される。

Requirements for action for injunctive order are mentioned in the agreement.

翻訳:差し止めの訴えの要件が契約書の中で記述される。

An injunctive order is announced by the districe court.

翻訳:地方裁判所により差し止めが発表される。

injuncitve rlief

差し止めによる救済

同じく、法律により特別な救済を受けることを意味します。

【例文】

Which jurisdiction shall govern the victim's injunctive relief.

翻訳:被害者の差し止め救済はどこの準拠法が適用されるのか。

The injunctive relief package must be given fairly be the court.

翻訳:差し止め救済パッケージは裁判所によって公平に付与されなければならない。

A victim is saved by the injunctive relief order. 

翻訳:被害者は差し止め救済令により救われる。

無料お見積り お問合せ

Free Estimate
無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

Contact us
お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。