契約書フレーズ集15

英語表現

日本語対応用語と意味

解説

outstanding amount

未払い金額

outstandingは一般的には、秀でた、目立った、という意味ですが、金融・契約関連で使われると未払いの意味になります。多く使われる用語です。

deferred payment

延ばらい

契約書に使われることも多く、支払い契約の条件になります。

deferred interest

延滞利息

支払いが約束期限までに実行されない場合、支払い遅れに対する利息のことです。

account payable

買掛金

会計用語ですが、契約書でもよく使用されています。

account receivable

売掛金

買掛金と対をなす用語です。

payable at sight

一覧払い

支払いに期間を設けず、支払い請求がなされたらすぐに支払う条件のことです。

in a lump sum

一括(払い)

商品支払いに対する契約条件を設定するときに使用されます。

installment (payment)

分割払い

商品代金などを一括でなく何回かに分けて支払う場合に使われます。

royalty

ロイヤリティ、権利使用料

日本語でもカタカナで使われることが多いですが、特許権、著作権、商標権などを使用することに対する対価です。

wire remittance

電子送金

国際貿易で商品代金を支払う時の条件の1つです。通常は銀行送金になります。

cleared funds

決済資金

債務を支払う資金になります。

cottalteral

担保(物件)

銀行が融資を行う場合、その見返りとして担保を要求することがありますが、その場合の差し出す担保のことです。

debenture

無担保債券

担保による裏付けのない債券です。

trust

信託

財産を信頼がおける機関(銀行)に自分の目的に沿って運用・管理してもらう事を信託と言います。土地や金融財産管理によく使われる方法です。米国では特に発達しています。

fiduciary

信託の受託者(の義務)

信託において受託する側、つまり金融機関などを指しますが、本来の意味は受託する側の義務ということが含まれています。

recourse

償還請求権

債務者が返済責任を負う契約時に使われます。契約には債務者が返済責任を負わないという場合があり、その場合はnon-recourseと表します。

redeemable

償還可能

言い換えると、換金できる、商品などと交換できる、という意味になります。

LIBOR

リーボー

London Interbank Offered Rateの略で長い間世界の金利指標となってきました。

withholding tax

源泉税

税法により決められた支払い者が相手への支払い金額より事前に差し引いて払う税金のことです。

recoupment

控除

会計用語で一般に広く使用されています。

amortize

償却する

税法により法人が購入した資産は年度に分けて費用化していきます。それを償却すると言いますが、英語ではこの用語を使い、大変よく出てきます。

無料お見積り お問合せ

Free Estimate
無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

Contact us
お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。