臨床診断名

契約書関連の英語翻訳(英文和訳・和文英訳)を格安かつ高品質で提供します。「無料お見積り」「お問合せ」よりお気軽にご連絡ください。

【翻訳例】お客様の同意を得て過去の翻訳例の一部を掲載しております。

【原文】

A case of epulis that caused abnormal eruption of the maxillary central incisor

Epulis is the general clinical name given to a benign circumscribed mass occurring in the gingival area. The peak age of onset is in adults and there is usually no effect on surrounding tissue. In addition to bibliographical consideration, we report on our experience of a pediatric case with eruption of the maxillary central incisor caused by epulis. The case we experienced was an eight year old female child admitted with a gingival mass and abnormal eruption of a tooth. Numerous dental caries were observed upon examination of the oral cavity and presence of a deciduous tooth stump within the mass and torsion of the right maxillary central incisor was observed in X-ray examination. A biopsy was undertaken under the clinical diagnosis of epulis and a histopathological diagnosis of epulis fibrosa was obtained. The final diagnosis of the resection specimen was also epulis fibrosa. In this case, chronic inflammation and irritation spanning a long period of time due to a deciduous tooth stump was suggested to be the cause. There has been no reoccurrence until present, six months after surgery, and torsion of the successional permanent teeth has also returned to normal.

【翻訳】

上顎中切歯の萌出異常を起こしたエプーリスの1例

エプーリスは歯肉部に生じた良性の限局性腫瘤を総括した臨床診断名で,その好発年齢は成人で,通常周囲組織への影響はない。われわれはエプーリスにより上顎中切歯の萌出異常を伴った小児症例を経験したので,若干の文献的考察を加えて報告する。経験した症例は8歳の女児で歯肉腫瘤と歯の萌出異常を主訴に来院した。口腔内診査にて多数歯カリエスを認め,X線診査にて,腫瘤内に乳歯残根の存在と,上顎右側中切歯の捻転が認められた。エプーリスとの臨床診断のもとに生検を行い,線維性エプーリスとの病理組織学的診断を得た。切除標本の最終診断も線維性エプーリスであった。本症例は,長期にわたる乳歯残根による慢性炎症および慢性刺激がその発生原因であることが示唆された。術後半年の現在まで再発はなく,後継永久歯の捻転も正常に回復した。

無料お見積り お問合せ

無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。