病型、病態、症例

契約書関連の英語翻訳(英文和訳・和文英訳)を格安かつ高品質で提供します。「無料お見積り」「お問合せ」よりお気軽にご連絡ください。

【翻訳例】お客様の同意を得て過去の翻訳例の一部を掲載しております。

【原文】

Classification of pathological gambling from the recovery process perspective
-The value of “conflictual” and “autistic” differentiation-

As a model for pathological gambling, classification into 4 disorder types have been proposed, namely “impulse control disorder,” “addiction behavior disorder,” “mood disorder” and “compulsive spectrum.” However, there is no consistent treatment corresponding to each disorder. In clinical practice, either a treatment approach by self-help groups for the addiction behavior disorder as a model, or a drug therapy for underlying conditions is implemented. Therefore, in this study, we attempted to make classifications from the recovery process perspective. In other words, by comparing the recovery cases (6 cases), recovery factors would be identified and the disorder types would be classified accordingly. Through case studies, a more practical treatment may be proposed.
All 6 cases were severe cases where more than 5 years have elapsed since the onset of the disorder, and through short-term care have been abstaining from gambling for more than 1 year. They have no underlying conditions and their main symptoms are gambling addiction and loss of control, corresponding to addiction behavior disorder in the pathological model. However, in the recovery process, there was a clear distinction between the group in which the strong gambling impulse is overcome through deepening of self-insight (the 3 “conflictual” cases) and the group in which the gambling impulse suddenly declines, and the subjects are easily able to return to their lives prior to the gambling act (the 2 “autistic” cases). As the mechanism of disorder formation, with the former group, psychological rewards such as temporary relief of conflict or increase in the delusion of self-grandeur were the driving force for the gambling habit. In contrast, with the latter group, one characteristic of autism, that is the tendency toward a repetitive ritualistic behavior, contributed to repetition in the act of gambling. With this characteristic, though, once the habit of gambling abstinence is started, that habit tended to be continued (recovery promotion). In addition, as a characteristic of an autistic personality, there is a reduced “active” sense of identity between the self that is gambling and the self that has overcome gambling, which contributed to the recovery facilitation. The classification of pathological gambling (1 primary 2 secondary 3 reactive) including the above 2 types and their courses of treatment were proposed.

【翻訳】

回復過程からみた病的賭博の病型分類
―「葛藤型」と「自閉型」を鑑別することの有用性について

病的賭博の病態モデルとして、衝動制御障害、嗜癖行動障害、気分障害、強迫性スペクトラムという4つの病型が提唱されている。しかし、それに対応した治療法としては、一致したものはない。臨床実践的には、嗜癖行動障害をモデルにした、自助グループを主体とする治療アプローチか、あるいは基礎疾患に対する薬物療法が行われている程度である。したがって、今研究では、回復過程からみた分類を試みることとした。すなわち、回復した症例(6症例)を検討することで、回復因子を同定し、それに基づいて病型を分類した。それにより、より実践的な治療法が提案できると考えて、症例研究を行った。
6症例は、いずれも発症後5年以上を経た、重症例であり、短期治療介入によって、1年以上断賭博を継続している症例である。そして、基礎疾患はなく、賭博へのとらわれとコントロール喪失を主症状としており、病態モデルとしては、嗜癖行動障害に合致していた。しかし、回復過程は、強い賭博衝動を自己洞察の深化によって克服してゆく群(「葛藤型」3症例)と、賭博衝動が急速に減弱し、容易に賭博前の生活に戻ってゆく群(「自閉型」3症例)の2群に明瞭に分かれた。そして、病態形成の機序として、前者は一時的な葛藤の解決や自己誇大感の増大などの心理的報酬が賭博行為の動因となっていた。それに対して、後者は、自閉症特性である反復的儀式的行動傾向が、賭博行為の繰り返しを生じさせていた。この特性は、一旦断賭博習慣を開始すると、逆にその習慣を維持する方向(回復促進的)に作用していた。また、自閉症特性人格の特徴として、賭博をしていた自己と断賭博後の自己との「能動的」同一性を希薄化できていることも、回復の容易さに関与していた。以上の2類型を含めた病的賭博の病型分類(①一次性②二次性③反応性)とそれぞれの治療指針を提案した。

無料お見積り お問合せ

無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。