食器、陶磁器、ティーセット

契約書関連の英語翻訳(英文和訳・和文英訳)を格安かつ高品質で提供します。「無料お見積り」「お問合せ」よりお気軽にご連絡ください。

【翻訳例】お客様の同意を得て過去の翻訳例の一部を掲載しております。

【原文】

★アポニーグリーン★
東インド会社の船は、異国情緒あふれる花々と東洋初期の磁器を欧州にもたらし、当時のデザイナーたちに幅広い影響を与えました。チャイニーズブーケのこのバージョンは、24Ktのゴールドをアクセントに葉緑色のみずみずしい花々が特徴的です。
★アポニーブルー★
東洋から刺激を受け、当初「アポニーフラワーズ」と名付けられた人気のデザインは、濃青の色遣いが特に際立ち、全体的に24Ktゴールドのアクセントによって引き立てられています。
★アポニーラズベリー★
この模様と色あいは、もともとは1930年にアルバート・アポニー公のために創られたものでした。東インドの花の細やかな描写は、これまでのヘレンド模様の「インディアンバスケット」から受け継がれたものです。
★アポニーオレンジ★
当初、アルバート・アポニー公のために「アポニーフラワーズ」と名付けられたこの1930年代の模様は、東洋の影響を受けた従来のヘレンド模様を受け継ぐ花のモチーフが特徴です。
★ゴールデンエッジ★
20世紀の初め、ハディック公のために創られた古典的なスタイルのゴールデンエッジは、高貴なハンガリーの一族を誉め讃えるものです。ジャノス・ハディックは、1926年から1933年までの間、ヘレンド磁器社長を務めていました。
★ビクトリア★
1951年、ロンドンでの第一回世界展示会に出展されたオリジナルセットは、ビクトリア女王その人により購入されました。その後、女王にちなんで名付けられたこの中国風の模様には、ヘレンドで最も才能にあふれ経験を積んだ絵付け師たちの技術が求められます。
★ヴィクトリアブルー★
1851年、ロンドンでの第一回世界展示会に出展されたオリジナル模様は、ヴィクトリア女王その人により購入されました。その後、女王にちなんで名付けられたこの中国風の模様には、ヘレンドで最も才能にあふれ経験を積んだ絵付け師たちの技術が求められます。2007年は新たに、従来の緑色の縁取りを青色に変えて、これまでも人気の高かったヴィクトリア女王の模様に新鮮な印象を与えています。
★ロスチャイルドバード★
1860年に、当初は欧州のロスチャイルド一族のために創られたこの模様は、多くの鑑定家により手描き磁器の代表と見なされています。12種類の異なるモチーフは、ウィーンの邸宅の庭で真珠のネックレスを失くしたロスチャイルド男爵夫人にまつわる19世紀の物語を表現しています。ネックレスは数日後、木の中で鳥がそれで遊んでいるのを目にした庭師により見つけられました。
★ソングバード★
ロスチャイルドバードは、ウィーンの庭園の「名高い」二羽の鳴き鳥の様子を描写しています。しかし、まるで彼らの無邪気さを守るかのように、ヘレンドの絵付け師たちは常に慎重に、その正確な種族や血統を曖昧にしてきました。この模様の150周年を祝う際に、絵付け師たちはかの有名な裏庭を再訪することを思いつき、張本人たちを暴くことなく、特定の種族を特徴とした全く新しい作品を創り出そうとしました。さらに、この模様を賞賛する多くのアメリカ人ファンの方々に敬意を表し、絵付け師たちは北米の鳴き鳥に注目しました。これらの鳥は、ネックレスを掠め取った欧州の従兄弟たちほど知られていないかもしれませんが、彼らの声が鳥のコーラスに大きく寄与したことは有名です。アメリカコガラやルリツグミ、キイロアメリカムシクイ、ツグミなどの鳴き鳥の模様が、1520のデザートプレートに描かれています。
★ロスチャイルドガーデン★
ロスチャイルドの鳥の歌から解放され、庭園は一転して物静かな思想や美しさの場となります。虫達でさえその動き方はわずかなもので、ゆっくりと落ちる葉のみが時折動きをもたらします。残るは、ロスチャイルドバードの精神を湛える、有名な緑色の葉と茶色の蔓の物語のエッセンスです。

【翻訳】

★アポニーグリーン★
East Indian ships brought exotic flowers and early Oriental porcelain to Europe, with far-ranging influence upon the designers there. This version of Chinese Bouquet features lush blossoms of leafy green touched by 24kt gold.
★アポニーブルー★
The popular Oriental-inspired design originally named "Apponyi Flowers" is particularly striking in the solid blue coloration, enhanced by accents of 24kt gold throughout.
★アポニーラズベリー★
This pattern and color were originally created for Count Albert Apponyi in 1930. The delicate East Indian flower detailing was adapted from the earlier Herend pattern "Indian Basket".
★アポニーオレンジ★
Originally named "Apponyi Flowers" for Count Albert Apponyi, this 1930-vintage pattern features floral motifs adapted from earlier Herend patterns influenced by the Orient.
★ゴールデンエッジ★
Created for Count Hadik in the early twentieth century, the classic style of Golden Edge celebrates this noble Hungarian family. Janos Hadik served as the president of Herend Porcelain from 1926 to 1933.
★ビクトリア★
The original set, introduced in 1851 at the First World Exhibition in London, was purchased by Queen Victoria herself. Subsequently named for her, this Chinese-influenced pattern demands the skills of Herend's most talented and experienced painters.
★ヴィクトリアブルー★
The original pattern, introduced in 1851 at the First World Exhibition in London, was purchased by Queen Victoria herself. Subsequently named for her, this Chinese-influenced pattern demands the skills of Herend's most talented and experienced painters. New for 2007, the traditional outer green border has been replaced with a blue border bringing a fresh perspective to the ever popular Queen Victoria pattern.
★ロスチャイルドバード★
Many connoisseurs consider this pattern, first created in 1860 for the Rothschild family of Europe, to be the epitome of hand painting on porcelain. Twelve different motifs portray a 19th century tale about Baroness Rothschild, who lost her pearl necklace in the garden of her Vienna residence. Several days later it was found by her gardener, who saw birds playing with it in a tree.
★ソングバード★
Rothschild Bird depicts the activities of two "notorious" songbirds in a garden in Vienna. However, as if to protect their innocence, Herend painters have always deliberately obscured their exact breed and lineage. In celebration of the pattern's 150th anniversary, the artists were inspired to revisit this famous backyard and while not unmasking the original culprits, they wanted to create a crisp new interpretation by featuring specific breeds. Furthermore, in honor of the numerous American admirers of the pattern, the artists focused on North American songbirds. While these birds may not be as legendary as their necklace-snatching European cousins, they are certainly famous for their vocal contributions to the avian chorus. Featuring a black-capped chickadee, eastern bluebird, yellow warbler and a robin, the Songbird pattern is being introduced on the 1520 dessert plate.
★ロスチャイルドガーデン★
Released from the songs of the Rothschild birds, the garden turns in on itself and becomes a place of quiet reflection and beauty. Even the insects have briefly moved on and only softly falling leaves provide the occasional stirring. What remains are the essence of the famous story with the green leaves and the brown of the vine preserving the spirit of Rothschild Bird.

無料お見積り お問合せ

無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。