組織文化と背反的価値

契約書関連の英語翻訳(英文和訳・和文英訳)を格安かつ高品質で提供します。「無料お見積り」「お問合せ」よりお気軽にご連絡ください。

【翻訳例】お客様の同意を得て過去の翻訳例の一部を掲載しております。

【原文】

Organizational culture and competing values
Organizational culture is a broad concept about which a consensus has yet to be reached. Notions of shared beliefs, values, assumptions, and significant meanings are commonly associated with culture (Green, 1988; Schein, 1985). According to Rousseau (1990), it is not the definitions of culture that vary so widely among organizational researchers, but its operationalization. Culture encompasses five elements, layered along a continuum of subjectivity and accessibility. At one end, material artifacts and patterns of behavior comprise the observable physical manifestations and patterns of activity. For instance, symbols, language, rituals, and mechanisms of decision-making, coordination, and communication are part of these two primary layers. Behavioral norms are the common beliefs regarding acceptable and unacceptable behaviour, while values are the priorities assigned to certain states or outcomes. At the other end, fundamental assumptions are the unconscious elements that are not directly knowable, even to members.

【翻訳】

組織文化と背反的価値
組織文化とは統一的見解に達していない広範な概念である。共有する信条、価値、想定、および主要な意味に関する観念は文化にかかわっている(Green, 1988; Schein, 1985)。Rousseau (1990)によると組織論の研究者の間で大きく異なるのは文化の定義ではなくその運用方法である。文化は主観性と利用可能性の連続したつながりに応じて5つの要素を包含する。一方の端にあるのは”物質的人工物”や”行動パターン”で観察可能な物理的表現や活動パターンをともなう。例えば、象徴、言語、儀礼、意思決定方式、調整、コミュニケーションは最初の2つの要素の一部である。”行動規範”は許容出来るあるいは出来ない行動についての共通の信条であり、一方”価値”は特定の状態や結果についての優先付けである。また反対の端は、構成員にとっても直接的に感知できない無意識な要素としての”基本的前提”である。

無料お見積り お問合せ

無料お見積り

無料お見積り
今すぐクリック

※翻訳依頼原稿が未だ仕上がっていない段階のお客様も、お気軽にご連絡ください。契約書翻訳会社の経験豊かなコーディネータがお手伝いさせていただきます。

※「翻訳無料トライアル(お試しサービス)」も上記フォームからご依頼ください。

お問合せ

お問合せ
今すぐクリック

些細なご質問・ご相談でもお気軽にお問合せください。